HuluVS宅配レンタルVS店舗!映画好きがメリット・デメリットを比較

5346367901_ee4b36de2f
映画好きなら誰しもが悩むのが映画を見る方法です。
見たい映画がある場合は、DVDを購入するかレンタルするかになってきます。
しかし、最近ではipadのような端末でも映画が見れるサービスなどがありますので、どれを選んだらいいのか分からなくなってきますよね。
そんな悩みを解決するべく、ニーズに見合った選び方をご紹介していきます。

photo credit: 11/365: “?” via photopin (license)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どれがオススメなの?

どれくらいの頻度でDVDを見るのか、料金を気にするのかなどニーズによってオススメは変わってきます。
自分にあったベストな選び方を見つけていきましょう。

料金面で比較

1ヶ月に何本映画を見るのかによって変わってきますが、映画好きな人は月に15本から30本は見るのではないでしょうか。月に5本以下しか見ないというのであれば店舗で好きな映画をかりるのが一番いいかと思います。

1位 Hulu(月額980円)

2位 店舗(1本約200円)

3位 宅配レンタル(月額約2,000円)

月にDVDで映画を5本以上見るのであれば安さでいうとこのようなランキングになります。
単純に安さだけで比較していますので、ニーズに合致しているとは言いがたいですね。

それぞれにメリット・デメリットがありますので内容を見比べて比較してみることにしましょう。

Huluのメリット・デメリット

今話題のHuluは映画好きな人なら導入を迷っているのではありませんか?
しかし、もちろんHuluにもメリット・デメリットは存在します。

Huluのメリット

Huluのメリットは何といっても安さと手軽さです。
Huluを利用して思ったことは「レンタルビデオ店大丈夫か?」ということです。
家から一歩も出ずに月額980円で映画が見放題です。

テレビがなくても端末(iphone,ipadなど)で見ることができますのでどこに行っても端末さえあれば見ることが可能です。

もちろんテレビでも視聴することは可能です。
テレビの場合は対応しているテレビにつながなければ見ることはできません。
しかし、PS3やWiiなどのゲーム端末から接続すればHuluをテレビで見ることもできます。

さらなる強みは、最近ではHuluで見ることができる映画の数が増えているということです。
海外ドラマからバラエティまでいろいろなジャンルの動画までみることができるのが非常にありがたいです。
アニメも非常に豊富なので、小さい子どもがいる家庭などでは大活躍すること間違いなしです。

もはやHuluに勝つことができるサービスってあるの?ってくらいオススメできるサービスです。
公式サイトを見ていただければどのような動画をみることができるのかわかりますので一度見てみることをオススメします。

Huluのデメリット

そんなHuluにもデメリットは存在します。
私の中で一番のストレスは、見たい映画が配信されていないことです。
配信数は増えているのだけれども全ての映画をみることができるわけではありません。あくまでHuluが配信している動画しかみることができません。

約10,000本の動画が見放題ということで魅力はありますが、見たい映画がない可能性も十分に考えられます。

さらに言えば、配信が終わった動画は見ることができないということです。
完全にHulu主導権を握られていますので、受身の態勢からは抜け出すことができません。

2週間無料で使うことができますので登録してみて使ってみてもいいかもしれません。
もしも必要ないのであれば、登録から13日以内に解約してください。
そうすることで無料で13日間は映画を見ることができます。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

店舗でレンタルするメリット・デメリット

店舗でレンタルするメリットはじっくりと映画を選ぶことができるということです。
ツタヤやゲオなどに行くと、店員がつけたオススメランキングや人気の映画が人目で分かるようになっています。
店員がオススメしているということで、それだけで楽しみになります。
店舗によってランキングも違いますし、コメントも違います。
わざわざ足を運んで、選ぶということにはこのような楽しみ方もあります。
そして悩んだあげく借りた映画というのは非常に印象に残りやすいです。
店舗のメリットは、そこでしか味わうことのできない楽しみが詰まっていることではないでしょうか。

デメリットは、言うまでもありませんが、わざわざ足を運ばなくてはならないこと、料金が高いということです。
レンタルをすれば返しに行かなくてはなりませんので、1つの映画を見るにしても2回店舗に出向かなくてはなりませんので労力も使いますし、期間が決まっていますので延滞の可能性も出てきます。忙しく、期間以内に見ることができなければ必要以上にお金がかかってしまうという危険性もとなり合わせです。

宅配レンタルのメリット・デメリット

宅配レンタルのメリット

Huluと同じく家から一歩も出らずに映画をレンタルすることができるという点です。
さらに見たい映画をレンタルすることができますので、Huluよりも見ることができる映画の幅はかなり広がります。
実際店舗よりも品揃えは良いので店舗にないマイナーな映画もレンタルすることが可能です。
実質、新作を含め何でも見ることができるので本当の映画マニアには宅配レンタルはかなり重宝することでしょう。

宅配レンタルのデメリット

もちろんデメリットもあります。
宅配レンタルは注文してから手元に届くまでに1~2日ほどかかります。
つまり見たいと思った瞬間には見ることができません。
そのため、空いた時間にすぐ見たいという人には向いていません。
宅配レンタルが向いている人は、見たい映画をリストアップできている人です。

そして見た後にはポストに入れて返却しなければ次のレンタルを行うことができません。
月額料金で契約している場合は、見る回数が多くないと元を取ることが出来ないというのが大きなデメリットです。

TSUTAYA DICAS

TSUTAYA DISCASの定額レンタル8は新作・準新作を最高で月8本まで借りることができ、旧作は借り放題となります。
月額2014円で借り放題ですからかなりお得と思う方もいるかもしれませんが、そこまでお得ということではなりません。

一度に2枚までしかレンタルすることができず、次の映画を借りようと思ったら2枚を返却しなければ借りることができません。そのため借り放題という文言を使っていますが、実際は最高でも30枚も借りることはできません。
私の最高は月に20本です。
これでもかなりハイペースで見た結果です。
映画をたくさん見るのであれば店舗で借りるよりも安上がりで手間もかかりません。
近くにレンタルショップがなくてもポストがあれば問題ありません。

映画だけではなくCDもレンタルすることができますので、見たい映画がないときはCDをレンタルしておけば元を取ることはできるでしょう。
もちろんブルーレイもレンタル可能です。

品揃えもTSUTAYA DISCASが一番多いので、B級映画やマニア向けの映画、音楽を探している方にはかなりオススメです。
人気の作品になれば、在庫がなければ待たなければならないこともありますが、新作や準新作以外ではあまりありませんので旧作メインで考えているのであれば問題ないかと思います。

延滞料金もない代わりに、1枚もレンタルしなくても月額料金は取られますので注意が必要になります。

現在、入会から30日間の利用が無料になるというキャンペーンを行っていますので、30日間だけでも無料で使ってみてもいいかもしれません。
しかし、注意しないといけないのが、30日間を越えると有料になり、月額料金が発生しますので、必要ないならば退会を忘れずに行わなくてはなりません。
余裕を持って解約できるようにしておきましょう。
なお、無料期間は新作はレンタルすることができず、クレジットカードの登録も必要になってきます。

TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!

ゲオ宅配レンタル

こちらもTSUTAYA DISCASと内容はあまり変わりませんが、月額1,860円で月に8枚までレンタルをすることが可能になります。枚数制限がある時点でTSUTAYA DISCASより劣ってしまいます。
その分TSUTAYA DISCASより安くはなっていますね。

レンタルの仕方や返却の仕方はほとんど差がありませんので、使うのであればまずは30日間の無料キャンペーンを経験してから決めればいいと思います。
私自信はゲオ宅配サービスは使ったことがありませんが、TSUTAYA DISCASのほうが品揃えは豊富だといわれています。

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

3ヶ月無料でレンタルする

他にもDMMが同じようなサービスを行っていますので、1ヶ月毎に無料キャンペーンを利用すれば実質3ヶ月は無料で映画をみることが出来ます。
手続き等が少々めんどくさいですが、無料になりますのでかなりお得になりますね。
使いまわしができませんので3ヶ月限定になりますが、宅配レンタルを考えているのであれば利用する価値はあります。

【DMM.com】DVD&CDレンタル 1ヶ月無料お試しキャンペーン実施中!

あなたに合ったオススメ

ながながと書いてきましたが、実際にニーズによって使い方は変わってきます。
自分に合ったサービスを利用するようにしましょう。
簡単にまとめてみます。

有名な映画からバラエティまで幅広く動画を見たい→Hulu

自分のペースで映画を選び好きなときに見たい→店舗

マイナーな映画から旬なものまで幅広く見たい→宅配レンタル

映画マニア度は宅配レンタル店舗Huluになります。

見ることができる量はもちろんHuluが一番です。

このように同じ映画を見るというためのサービスですが、中身が随分と変わってきます。
目的にあったサービスを利用するようにしましょう。
私自身は全て利用していますが、やはり最近ではHuluを重宝するようになっております。
今後もHuluの活躍はとまることがないと思います。

結局映画を快適に見ることが目的ですので、生活スタイルとニーズにあったサービスを利用しすればいいと思いますので、全て試してみるのも1つ手ではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする