子どもに英会話を学ばせるべきなのか。将来を見据えて考えてみた

5959942331_ff4b8d2856
嫁の友達の子どもが英会話に通い始めたということを嫁から聞きました。
なんとその子どもはまだ1歳にもなっていません。
英語を習得させるなら0歳からでも英会話教室に通わせたほうがいいという意見もちらほら聞きます。
そこで今回は、子どもに英語を習得させるために英会話に通わせるべきなのかどうかということいを真剣に考えてみました。
いつもならメリット・デメリットを紹介といったところですが、今回は単純に私の考えを書いていこうと思います。

photo credit: DSC_9844 via photopin (license)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私の考え

まず始めに私の考えから述べていきます。
私は子どもを英会話教室に通わせるのには反対です。

子どもを英会話に通わせることで本当に小さい頃から英語ができるようになったとします。
しかし、小さい頃から英語が話せるようになったからと言って大人になってまでも話せるとは限りません。
なんせ私は英語は話せませんし、嫁も話せません。
周りに英語が話せる人がいなければ結局大人になっても話せるようにはならないのです。
小さい頃に海外に住んでいたけど英語がさっぱり話せませんという人も聞いたことがありませんか?
つまり英語が話せるようになるためには、常に英語に触れておく必要があるのです。
小さい頃から長年、英会話に通っていれば英語ができるようになるかもしれません。

子どもの選択肢を増やすべきではないのか?

小さい頃から英会話に通わせ続けたら英語も日本語もしゃべることができるようになるかもしれません。
俗に言うバイリンガルってやつですね。

果たして子どもに小さい頃から英会話を勉強させることは良いことなのでしょうか。
ここの議論については人それぞれ意見があることでしょう。
子どもの将来の選択肢を増やすために英会話をさせるべきではないだろうかということですが、果たしてそれが子どもの選択肢を増やすという意味で良いことなのでしょうか。

物心がついた子どもが本当に英語を学びたいのであれば勉強させてあげたいと思うのは親の心です。
しかし、実際に子どもが英会話に行くのが嫌だったらどうでしょう。
楽しくないのに親のエゴでやらしているだけになってしまいます。
それでも子どもの将来のことを思ったら・・・

そう思う人もいるかもしれません。
今嫌でも将来親に感謝することになるからって思うかもしれません。

でも実際のところ決めるのは子どもなのです。

本音を語れば

と、ここまで正論みたいな戯言を自分なりに並べてきました。
というか結局親のエゴでしかないと思っています。
勉強したいのであれば自分から勉強するようになります。
将来必要だと感じるのであれば自分で何とかするはずです。

もし英語を小さい頃から勉強して話せるようになり将来は海外で働きたいと子どもが思うかもしれません。
親としてどうでしょうか。
賛成とか反対とか言う前に、私はできれば近くで生活していて欲しいなと思っています。
英語がきっかけで海外の人と結婚し海外で生活するようになるかもしれません。
国際結婚が悪いというわけではありません。
海外で生活するようになったらやはり寂しいものです。

年に1回会えるか会えないかの生活になってしまうかもしれません。
これはやはり寂しいです。

もし英語を自主的に勉強し海外で働き海外で結婚するのであればそれは子どもの選んだ道として尊重してあげようと思っています。
しかし、あえてその道を助長するようなことは私はやらなくてもいいのではないかと思います。
本音を言うと将来も近くで生活していて欲しいなと思います。
ただこれは私のわがままでしかありません。
これも親のエゴでしかありません。

結論

英会話を学ばせるということも私はエゴと書きました。
そして英会話に通わせるべきではないというのも私のエゴでしかありません。
結局どちらも同じでエゴでしかないと思います。
どちらかというと私の意見のほうが感情も入り込んでいるため自己中でしかないのかもしれません。

子どものことを真剣に考えるのは子どもが可愛いからです。
子どものためにって思うのもやはり親の愛情だと思います。

そんな私でも子どもが英会話に通いたいと言ったら通わせてあげるでしょう。
留学したいと言ったら留学させるでしょう。

でもできれば近くにいて欲しいなと思うのが私の考えです。

私の場合は女の子が生まれてきましたのでこのように思うのかもしれません。
もしも男の子だったとしたら考えも変わるかもしれません。

こればっかりは分からないものです。

私が就職活動をしている際、母親に地元に帰ってきてくれたら嬉しいなと言った意味が心から分かるようになりました。

ということで完全に親のワガママな記事になってしまいましたw

重松清のビタミンFを読んで地元で就活し就職しようと思った話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする