iPhone7は新機能搭載でフルモデルチェンジ!気になる情報、噂をまとめてみた

15370206908_41a0a99b26

iPhone7に関していろいろな噂が飛び交っています。
私は、現在未だにiPhone5sを使っています。
何度もお店に出向きiPhone6、iPhone6sに替えようと思ってきましたけど、やはり使い慣れた4インチのiPhone5sを手放すことができませんでした。
やはり4インチが一番手にしっくりくるということで4インチiPhoneの復活を待っていました。

そこでついにiPhone7に4インチが登場するということで新機能の噂をまとめてみました。

photo credit: iPhone 7 via photopin (license)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone7の新機能

公式発表ではありませんので、あくまで噂ですが一気にご紹介していきます。

手袋越しに操作ができる

新たにアップルが特許を取得した「Glove Touch Detection(手袋タッチ識別)」は手袋越しでも操作が可能になります。
現在ではGalaxyシリーズに一部搭載されている機能になりますが、これがiPhoneで使えるようになると便利度が一気に増しますね。
単純に冬の外出先でも使う頻度が増えるでしょうし、カメラなども頻繁に使うようになる可能性があります。

もはやファッションの一部となる感じですね。
もちろんうれしい機能です。
Galaxyシリーズでは操作オン/オフが可能ですのでiPhoneでも切り替えはできるようになることでしょう。

防水機能が搭載される

防水機能の搭載はファンにとって待ち望んだ機能と言えるでしょう。
すでに搭載されているスマホは結構ありますが、iPhoneだけは搭載がありませんでした。
実はiPhone6sにはすでに防水加工がされているのではないかという説もあります。
iPhone7でAppleが公式に発表すれば、それなりの防水対策がなされているということもあり、実用性は明らかに増すことでしょうし、ユーザーも増えるでしょう。
今まで防水対策がなされていないがために避けてきた人たちを一気に囲むことができるようになればシェア率はさらに高まること間違いなしです。

参考にiPhone6sの実験動画を張っておきますので気になる方はご覧ください。

イヤホンジャックがなくなる

イヤホンジャックがなくなる可能性があると言われています。
イヤホンジャックがなくなった場合、音楽を聴くためにはBluetooth経由で音楽を聴くか、Lightning端子経由で音楽を聴くことになります。

音楽をよく聴く身としては、これだけは避けていただきたかったことです。
まずBluetooth経由になると、どうしても音質が有線に比べて落ちてしまいます。
Lightning端子経由で聴くとしても充電しながらでは音楽を聴くことができないということです。
イヤホンジャックがないだけでこれだけの不具合が考えられます。
Appleがイヤホンジャックをなくした理由は、やはりiPhone自体を薄く軽くしたいということでしょう。
現行モデルのiPhone6sよりも1mm以上薄くなるということですので、かなり薄くなるということが分かります。
こうなった場合は耐久性に少し不安が残りますね。
まぁそこを何とかするのがAppleなんですけどねw

ワイヤレス充電が可能

置くだけ充電が搭載される可能性があるということです。
現在では車などにも搭載されている機能ですのでこれが実装されたら充電に関してはかなり便利になりそうです。
Appleは電池を長持ちされる機能については考えていないようですので手軽に充電できる機能は重宝される可能性が高いです。

ホームボタンが消える

ホームボタンが消える可能性があります。
これはどういうことかというと、ホームボタンをなくす代わりにディスプレイ上で指紋認証を行ってロックを解除するというものです。
つまりディスプレイの一部を触ることがホームボタン代わりになるということです。
ホームボタンをなくすことによってiPhoen自体がフルスクリーンとなり、ディスプレイを最大限に活用できるというものですね。

現在あるホームボタンの部分もディスプレイに変わり、タッチする部分も今のホームボタン のところというのが予想されます。

デュアルカメラ搭載

デュアルカメラが搭載されることでiPhoneのカメラが一気に進化しそうです。
デュアルカメラが搭載されればまるで一丸レフのように写真を撮ることが可能になります。

二つのカメラがついていることになりますので、ピントを自由に操ることができます。
これによって写真の幅が広がることは間違いないです。

イスラエルのLinXなどカメラ技術に強い企業を買収しているのデュアルカメラが搭載されるのは時間の問題かと思います。
iPhone6sで搭載されるという噂もありましたので、iPhone7ではかなり有力な説だと思います。

ガラスボディになる

強度の高いサファイアガラスを採用することで、より強度のあるボディになる可能性があります。
そうなるとアルミ製のボディはiPhone6sが最後となりiPhone7からは触り心地が変わってくるということになりますね。
強度も増してより頑丈な作りになっているということですので、多少のダメージにも耐えてくれそうです。

デュアルSIMになる

デュアルSIMになることでスマホを2台持ちという構造から逃れることができるようになります。
すでに欧米では主流の形態なので搭載される可能性は十分にあります。
プライベート用と仕事用などSIMを入れ替えるだけで簡単に切り替えることができます。
さらにキャリアとMVNOサービスを使い分けるということも出来てしまいます。
こうなってくるとiPhone7はSIMフリーで販売されることになりそうで、キャリア契約で実質0円というのがなくなってきそうですね。
現在でも実質0円はなくなるということが言われていますのでデュアルSIMになる可能性は十分に考えられます。

4インチ版も復活する

私にとって4インチ版が出てくれることは非常にありがたいです。
私の場合片手でディスプレイ操作ができるというのは4インチでなくてはなりません。
電車の中では鞄を持っていることも多いので両手を使うということがなかなか厳しい場面があります。
その中で4インチというのは片手操作に持って来いの大きささのです。

iPhone6sでも登場するという噂がありましたが、iPhone7での登場が有力みたいですね。
是非とも復活させて欲しいです。

スペックと発売日

スペックは16GBがなくなり、32BG、64GB、128GBになると予想されています。
カメラの機能もあがり画質もよくなってきますので16GBでは容量不足となる可能性が高いのでしょうか。
さらに4K動画などが主流になってくれば確かに16GBでは足りないという状況になりそうですね。

iPhoneは16GBじゃ容量不足!?安心してください十分です

気になる発売日ですが、2016年9月というのが有力です。

初代iPhone 2007年6月
iPhone3G 2008年7月
iPhone3GS 2009年6月
iPhone4 2010年6月
iPhone4S 2011年10月
iPhone5 2012年9月
iPhone5s/5c 2013年9月
iPhone6/6Plus 2014年9月
iPhone6s 2015年9月
iPhone7 2016年9月

今までの流れから言うと2016年9月というのが予想できます。

その他の機能

上記以外にもいろいろな噂が飛び交っています。
歪曲ディスプレイになるという噂や太陽光充電ができるようになるなどの情報もネットでは飛び交っています。
どの噂をとっても公式で発表されたことではないので正確ではありませんが、今後も更なる噂が飛び交うことは間違いなさそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
あくまでネットで噂になっている情報をまとめてみました。
どれもかしこも可能性があるというだけで真相はまだわかりません。
4インチのiPhoneがでるということで私の中では非常に関心が高いです。
まだまだ先の話になりそうですが、楽しみですね。

ここに出ている情報はあくまで噂ということで確定ではありませんのでご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする