【弾けたらカッコイイ】アコギの指弾きの練習にオススメの洋楽5選

8058740258_c99bb882d3

フォークギターの上達にはコピーは欠かせません。
なんにしても上達するには絶対にコピーというのは避けて通れない道です。

ピック持ってジャカジャカ弾いているのも良いですが、指弾きでかっこよく決めたいと思いませんか?
今回は今まで私がコピーしてきた洋楽をご紹介します。
上達にも欠かせませんし、なおかつ弾けたらかっこいい曲をセレクトしてみました。
是非コピーしてみてはいかがでしょう。

photo credit: Strolling… via photopin (license)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コピーするのにオススメの洋楽

「Hey Hey」  Big Bill Broonzy

オススメ度 ★★★★☆
難易度 ★★★☆☆

エリッククラプトンがコピーしているので知っている人も多いかと思いますが、原曲はBig Bill Broonzyです。
ジャンルはブルースですが、コピーもしやすくブルースのリズムを体に覚えさせるのに最適な曲です。
ベースラインを常に親指で弾くためブルースを弾いたことがない人にとっては難しく感じるかもしれません。
とにかくメロディラインが美しすぎるので歌わなくてもギターだけで聴かせることができます。

私はこの曲が本当に好きでギターを持ったら最初に弾いてしまう曲でもあります。

「Anji」 Simon & Garfunkel

オススメ度 ★★★★☆
難易度 ★★★★☆

指弾きをしたことがない人にとっては結構難しいかと思います。
弾けるようになるまでが時間かかります。
さらにスピードや強弱によって曲の印象がガラッと変わってしまうのでこの曲を弾ける!ってなるまでには結構な時間を要します。
指弾き用のピックを使うのも良し、使わないのも良しです。

ベースラインを意識するとともに右手で弦をはじくかなくてはならない部分もありますので難易度は高めです。
インストをしようと思っている人は絶対に通らなければならない曲です。

「Tears in Heaven」 Eric Clapton

オススメ度 ★★★★★
難易度 ★☆☆☆☆

かなり有名な曲なので知っている人も多いと思います。
ギター自体のメロディーラインとともに歌も美しいという素晴らしい曲です。

難易度自体は低めなので手っ取り早く何かを弾けるよになりたいと思っている人はこの曲から始めることをオススメします。
歌まで歌えたら最高です。
テンポ自体はスローなので弾けるようになるまでの時間はそれほどかかりません。
ベースラインを意識しながらリズムを保てるように心がけましょう。

とりあえず形になれば「あ、ギター弾けるんだ」って思われる曲ですのでやりがいもあります。
指弾きの初めの一歩と行ったところでしょうか。

「Blackbird」 The Beatles

オススメ度 ★★★☆☆
難易度 ★★☆☆☆

動画はポールマッカートニーです。
曲自体はThe Beatles時代のものになります。

Tears in Heavenとは違った美しさがあります。
ギター自体のメロディラインもとても綺麗なのですが、歌ありきの曲です。
低音から高音までギターで演奏することになりますので、歌いながらだと意外に難しかったりします。
ギター自体の難易度は低めですが、いざライブでやろうなんてことになると意外に手こずります。
フレッドの移動が激しいので苦労する人も多いかも。
歌いながらでなければ簡単です。

禁じられた遊び 作曲者不明

オススメ度 ★★★☆☆
難易度 ★★★☆☆

私がギターを始めて間もない頃になぜかクラシック入門的な本を買ってきて弾き始めた曲です。
実際に聞いたこともなかったのですが、付属のCDでやたら聞き込みマスターしました。
一度は挫折したもののある程度ギターが弾けるようになってから再挑戦した曲です。

歌はないのでギターだけで演奏します。
クラシックの入門である曲であり、指弾きに必要な要素がふんだんに盛り込まれています。
とにかく綺麗に音を出すことを意識しなければ音が飛んだり濁ったりしてしまいます。
入門とされている曲ですが、意外に難しいので練習は必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
弾けたらカッコイイ洋楽を集めてみました。
全部有名な曲ですが、弾きこなそうと思うと結構難しいです。
本当に初心者の方には無理です。
コードは弾けるようになったので指弾きの練習をしようと思っている人用の選曲になります。

一応難易度も記載していますが、あくまでメロディとして弾けるというレベルの難易度です。
聴かせるようになるには、強弱、テンポ、リズムなどいろいろな要素が絡んできますので一概に難易度は表すことはできません。

「指弾きでかっこ良く決めたい!」

「ギターがもっとうまくなりたい」

と思っている方に是非チャレンジしていただきたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする