【PS4】パッケージ版とダウンロード版どっちを買う?メリット・デメリットまとめ

21782772410_e35456bbf6

PS4でゲームをしようと思ったらソフトを購入しなければなりません。
ソフトパッケージ版で購入するか、PS4にダウンロードするか選択することができます。

今回はパッケージ版とダウンロード版のメリット・デメリットを考察していこうと思います。
電子書籍と紙の本と同じような感じですね。

PS4ではパッケージ版もダウンロード版もフルインストールですので使用容量はどちらも同じです。

パッケージ版とダウンロード版の購入を迷っている人の参考になればと思います。

photo credit: Day in the Life via photopin (license)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パッケージ版のメリット

パッケージ版とはソフトを購入するということです。家電量販店やゲーム屋さんで普通にゲームを購入するということです。

特典をもらうことができる

Amazon等では初回限定版など特典をつけているソフトもかなり多く存在します。
この特典が欲しいために予約して購入する人も多いはずです。
もちろん値段も通常版より高くなったりしますが、それ以上の価値があるかもしれません。
そのゲームのファンの方はパッケージ版を購入して特典までゲットするといった流れが1番多いです。

最近ではダウンロード版にも特典はありますが、Amazon自体が出している特典というのはパッケージ版のみということになってきます。

売ることができる

パッケージ版はゲームに飽きてしまったら売ることが出来ます。
手元に残りますので実際に持っているという気分も味わうことができます。
さらに初回限定版など特典付で購入していた場合は購入時より高く売ることができる可能性もあります。
あくまでプレミアが付いた時に限られますが、可能性としてはあります。

コレクションにできる

従来通りソフトが実際にありますのでコレクションとして飾っておくことができます。
実際にソフトを購入しているため物欲を満たすことができます。
パッケージ版買う人は飾っておきたいと思ってる人が多いのではないでしょうか。
実際に物が目で見えますので買った感はすごいあります。

さらに購入してから家に帰るまでのワクワク感を味わうことができます。
これって意外に大切なことだったりもしますねw

中古のゲームならダウンロード版より安いことがある

旬を過ぎたゲームならダウンロード版より安く購入出来ることがあるのはパッケージ版です。
新品と比べて破格の値段でソフトを購入できますので、旬をすぎてからソフトを購入するということもできます。

ダウンロード版もセールはありますが、基本的には中古の値段よりも高いことが殆どです。

パッケージ版のデメリット

収納に場所が必要

ソフト1本とかなら問題ないですが、ソフトが増えれば増えるほど収納に場所をとります。
これが結構邪魔になります。
コレクションとして飾ってあるのであれば良いのですが、私の場合はダンボールに突っ込んでいますので正直ソフトが増えれば邪魔になります。
もうやらないんだろうなってソフトも売らずにとっておく癖がありますので増えるんでしょうね。
私みたいな人はダウンロード版のほうが断然おすすめです。

ソフトを入れ替える必要がある

違うソフトで遊ぼうと思った時にはソフトを入れ替える必要があります。
これがかなり面倒くさいです。
いちいち出し入れしなくてはならないので手間がかかります。

さらにディスク版だと起動時にキュイーンという音がなりますが、ダウンロード版では音がならないので快適です。

傷が入ったら遊べなくなる

ソフトを出し入れしている際などに傷がついてしまうことがあります。
傷がついたらフリーズしたり、途中で止まってしまうことがありますので遊べたもんじゃないです。
つまり扱いには気をつけろってことですね。

慎重に使っている扱っている分には問題ありませんが、少し雑に扱っていたり、頻繁にディスクを入れ替えていると気をつけていても傷は入ります。

値崩れする可能性がある

遊び終わったら売ろうと思っていても値崩れしたらかなりの安値で売却することになります。
売れないよりマシですが、売ったら遊ぶことが出来なくなります。

ダウンロード版はいつでも再ダウンロードが可能です。

ダウンロード版のメリット

PS4自体にダウンロードを行いますのでソフト自体が手元に残ることはありません。
手元にないというのがパッケージ版との大きな違いです。

ソフトを入れ替える必要がない

ソフトを入れ替える必要がありません。
PSボタンを押して一瞬で遊ぶゲームを切り替えることができます。
入れ替える手間がかからないので非常に楽です。

ディスクに傷が付くといったような心配もありませんので気を使わなくて良いというのもメリットの一つです。

収納スペースをとらない

収納スペースがいりません。
PS4の中にソフトがダウンロードされていますのでPS4さえあればゲームができるわけです。
ソフトをいっぱい買う人はダウンロード版のほうが良いかも。
ダウンロードしたソフトを消しても再び遊びたくなったらダウンロードすることが可能ですのであんしんです。

発売と同時にプレイできる

発売と同時にプレイできます。
パッケージ版なら実際にソフトを買ってきてプレイというのが流れになりますが、ダウンロード版なら実際にソフトを買ってくる必要もありません。
家に家ながらソフトを即座に購入して遊ぶことができます。

家から一歩も出ずに即座位にプレイできるというのがダウンロード版の最大のメリットとも言えます。

ちなみにソフトをダウンロードしている最中も他のゲームで遊ぶことができますので、他のゲームをしながら購入したソフトをダウンロードしておき、ダウンロードが終わったら新しいゲームをスタートさせるということもできちゃいます。

新作ならパッケージ版より安い

新作ソフトはパッケージ版より若干安くなっていることがほとんどです。
1000円くらいの差がありますので少しでも安く購入したいのであればダウンロード版を購入するする方がお得ということができます。

実際に配信のみですので半額くらいにしてくれても良いのかなって思うのが本音です。
未だにパッケージ版の方が売れているということはここに引っかかっている人が多いからではないでしょうか。

それにしても新作はパッケージ版より安いことがほとんどなので購入するという面で見るとお得です。

ダウンロード版のデメリット

良いところばかりではありません。
デメリットも存在します。

売ることができない

ダウンロード版は実際にソフトが手元にあるわけではありませんので、ゲーム自体に飽きたからといってソフトを売るということができません。
買ったら買ったっきりです。

新作を素早くクリアしてすぐにお金に変えるという行為ができませんので売る気でいる人はダウンロード版を購入してはいけません。

まとめ

どちらもメリットデメリットは存在しますが、結局は好みです。
面白さが保証されているゲームはダウンロード版を購入、古いゲームはパッケージ版を購入するという方法が良いかと思います。

スマホや電子書籍の浸透で今後はどんどんダウンロード版がシェアを高めてくることでしょう。
いずれパッケージ版はなくなるかもしれません。
オフラインのこともありますのでなくなるとはいうことができませんが、少なくなってくると思います。

好みの問題ですが、私はダウンロード版を購入したら快適すぎて今後パッケージ版を買うことは少なくなりそうです。
そもそも売ることを前提に考えていない人にはダウンロード版をお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする