MacでExcelを使うならOffice 365 Soloがおすすめな理由

スクリーンショット 2016-07-05 1.01.13

MacにもExcelを入れたいなと思って悩んだあげく月額制の「Office 365 Solo」に登録しました。
他にも選択肢はあったのですが、Evernoteの料金プランの見直しもあって買い切りで購入するよりもお得かもしれないというので決めました。

そもそも自宅でExcelを使うには旧PCのWindowsを立ち上げるしか方法がなく、いちいち2台で作業をするのが非常に面倒になってきましたからです。

もしExcelをMacに入れようと考えている人の参考になればと思います。

それでは「Office 365 Solo」をおすすめする理由をつらつらと書いていこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MacにExcelを入れる方法

スクリーンショット 2016-07-03 0.16.30

MacにExcelを入れる方法は2種類あります。
ここではExcel単体ではなく、Officeを入れると考えてください。

果たしてどちらがお得なのでしょうか。

① Office 365 Soloに月額登録する

一番のおすすめになりますが、「Office 365 Solo」に登録することでMacでもOffceを使うことができるようになります。

Microsoftの公式ホームページから契約できます。
1ヶ月間は無料です。

料金は月額1,247円(1ヶ月)、年間契約ならば12,744円

多機能が使える

Office 365 Soloに登録すれば、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、AccessといったOffice機能を使うことができます。
プライベートではこんなに使わないかもしれませんが、仕事の資料を家のMacで作成することも可能です。

そのため、ビジネスにも活用可となっています。

いつでも最新バージョンへアップグレードできる

いつでも最新バージョンにアップグレードをすることができます。
使い慣れたバージョンのアップデートほど戸惑うものはありませんが、自宅用として使うのではあれば最新のものを使っておきましょう。

レイアウトや配置が違ってくるので慣れるには時間がかかりますが、最新の機能も使うことができるので自宅用としては最新を使っていても良いと思います。

OneDriveのクラウドストレージが1TBもらえる

これ実はかなり大きなポイントです。
この機能もあり購入に踏み切ったということもあります。

今まではEvernoteになんでもかんでも保存というものでした。
しかし、Evernoteの料金プラン見直し、機能制限に伴ってEvernoteを使い続けるか非常に悩むところでもありました。

OneNoteというEvernoteのWindows版はOneDriveの容量に準じているところがありますので無料では5GBしか使うことができません。

しかし、Office 365 Soloに登録することでなんと1TBも容量をもらうことができるのです。
私はEvernoteをノート代わりに使っているため、OneNoteに移行しても1TBも行くことは何十年経ってもないと思います。

つまり登録さえすればOffice機能も使えますし、OneNoteも使い放題なわけです。
何年もEvernoteを使ってきた身にとっては移行に躊躇してしまうところはあるんですけどね。

OneNote1TBを使おうと思ったらOneDriveの契約で月額換算540円もするので、Office 365 Soloに登録するのは非常にお得ということができます。

Skypeが60分通話無料になる

毎月固定電話および携帯電話に60分の無料通話が可能

Skypeから固定電話や携帯電話に電話をかけようと思ったら月額料金が発生します。
300分の通話時間に対して月額850円なのでOffice 365 Soloに登録すると170円分無料という特権も付いてきます。

キャリア契約していない人にとっては結構魅力的かもしれません。

キャリア契約している人にとってはあまり美味しい特権ではなさそうですけどね。
ちなみに私はSkypに課金していませんので旨みはよくわかりません。

テクニカルサポート無料

Office 365 サービスの契約時には、Office 製品を安心してお使いいただくための弊社 Answer Desk サポート エキスパートによる 1 対 1 のサポートが含まれています。Access のサポートをご希望の場合は、コミュニティ サイト (無償) またはプロフェッショナル サポート (有償) をご利用ください。

その他にもテクニカルサポートが無料になります。
必要な人にとっては良いのかもしれませんが、使う人はあまりいないのではとも思います。

② Office 2016 for Macを買い切り

Office Home & Business 2016 for Mac」を37,584円で購入するか、「Office Home & Student 2016 for Mac」を25,704円で購入する方法です。

この2つの良いところは、一度購入したら永久的にライセンスが付与されますのでそれ以降のお金は払う必要がないというところです。

2つの違いは何かというとOffice Home & Business 2016 for Mac」にはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookが使えるようになり、ビジネスにも活用できるというところです。

Office Home & Student 2016 for Mac」はWord、Excel、PowerPoint、OneNoteのみでビジネスでの活用ができません。

この2つの違いはこれだけです。

基本的に買い切りタイプですのでOfficeを使いたいという目的を持った人が購入するものですのでOffice 365 Soloのような他の特権はついていません。

ちなみにMicrosoftの公式ホームページから購入するよりAmazonで購入した方が安いです。

まとめ

もう完全にMacでExcelを使いたい人にとってはOffice 365 Soloがお得だと言えます。
他の機能が充実しているため元は余裕でとることができるでしょう。

MacとWindowsはキーボード配列が違うため操作自体は仕事で使っているWindowsの方が良いです。
それは否めません。
Office 365 Soloなら1ヶ月の使用期間中は無料なので試しに使ってみてから判断するのが良いと思います。

MacでExcelを使いたい人はOffice 365 Soloの特権が強すぎるので買い切りよりも月額払ったほうが良いのではと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする