【Amazon】本の読み放題サービス「Kindle Unlimited」に登録するべきメリット

28533661456_a5e6a8db3e

kindle書籍の読み放題サービスがついに日本でも解禁されました。

その名もKindle unlimited

月額980円で約14万5千冊が読み放題ということで読書好きには登録しないわけにはいきません。
そんな私もAmazonからメールを受信するとともに登録させていただきました。

ラインナップを見る限りでは予想通りといった感じですね。
最新の本は比較的少なめですが、雑誌なんかは最新号が読めてしまいます。

その他にもコミック、小説ももちろん読み放題になっていますので非常にお得ということができます。

photo credit: Afternoon Delight via photopin (license)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kindle unlimitedのラインナップ

いくら14万5千冊が読み放題と言ってもいらない本ばかりだと登録する必要なんてありません。
ラインナップは登録していなくても確認することができますので、気になる本が多ければ多い人ほど登録する価値があります。

ラインナップはこちらから確認できます。

Kindle unlimitedのラインナップ

いかがでしょうか。

比較的新しめの本から過去に話題になった本まで揃っています。
私の素直な意見としは登録する価値有りです。

特にビジネス書を普段から読むという人にとっては必見かもしれません。

ちなみにコミックは現時点で約3万冊の登録がありますが、あまり目を引くようなラインナップではありません。
完全にコミック目当ての人は今はまだ様子を見るということで良いと思います。

登録するメリットがある人

登録するメリットがある人は

  • ビジネス書をよく読む人
  • 雑誌をよく読む人
  • 男性(アダ◯ト系の本が結構あります)

という感じですね。

ビジネス書に関しては当ブログで紹介させていただいた、比較的新しいものまでラインナップされています。
ビジネス書を月に2冊以上読むという方にとってはそれだけでお得ということになります。

まさに嬉しいサービスです。
簡単に紹介しておきます。

これ読めます。

他にもたくさんありますが、実際にお金を出して購入した本がたくさんありましたので結構ショックでした。

まぁそれだけ良いサービスということですね。

次に雑誌ですがこれも良いラインナップです。
パッと目に付いたものでだけでも

こんな感じです。

私も内容によっては購入していた雑誌もラインナップされていますので、これには感激です。実際雑誌目当てで登録してもお得感が半端ありません。

ちなみに女性ものの雑誌も結構揃っています。
私は女性ものの雑誌は読みませんのでどれが熱いのかよくわかりませんが、よく目にする雑誌もラインナップさせています。

その次にアダ◯トです。

これも意外とあります。
1万冊以上ありますので覗いてみるのも良いのかも。

私は家族でKindleを利用してますので、まぁ無理ですけど…w

といった具合に良い本が並んでいます。
上の3つのどれかに当てはまっている人は登録する価値がありと言えるでしょう。

残念な点

もちろん残念な点もあります。
出版社との兼ね合いなんでしょうが、コミックのラインナップがあまりよろしくないです。

コミックに力を入れることができれば大幅に登録する人が増えそうです。
そのくらい魅力的なコミックが少ないです。

次に小説ですが、コミックよりはマシといった印象です。

マシというくらいですので良いわけではありません。
確かにラインナップに面白い本もありますが、これなら本当に読みたい本にお金をかけた方が良いですね。

まぁあくまで私の基準ですので人によっては良いと思う人が言うのかもしれません。
参考に私の基準を載せておきます。

読まずに死ねるか!本当に面白いおすすめの名作小説50選
面白い小説はこの世にたくさんあります。 まだまだ読んでいない本が山のようにあります。 そんな気持ちで読んできた小説の紹介です

個人的な想い

もちろんラインナップとしては完璧なものではありませんが、本を読むことが習慣になっている人にとってはお得ということができます。

月額980円で読み放題ですからね。

1ヶ月間は無料体験ができますので、1ヶ月使ってみているかいらないかを判断すれば良いと思います。
人によって読みたい本が違いますので当たり前といっちゃ当たり前ですね。

本を読むのにお金を安く抑えられるということは非常に魅力的ですが、やはり多くの新書から自分で選んで本は購入したいというのが本音です。
このサービスを使うことでKindle unlimitedのカテゴリからしか本を選ばなくなるという事態は避けたいですね。

このサービスも使いつつ、本当に気になる本は購入するというスタイルは崩さないようにしたいと思います。

そして最後に伝えたいのは、どうせ電子書籍で本を読むのであればKindle端末で読むことをお勧めします。

  • 片手で読めるくらい軽い
  • 目に優しい(目が疲れにくい仕様)
  • 光の反射がない
  • 充電の持ちが非常に良い

実際にKindleを使い始めて半年でコミック、雑誌、本を200冊以上購入して読んできた感想です。
本を読むということに対してはiPadよりも優れています。
是非使ってみることをオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする