【レビュー】空気清浄機を購入するならダイキンのMCK70Sがすごいオススメ

DSC_0061 1

ダイキンの空気清浄機(MCK70S-W)を購入して約2ヶ月が経過しましたので、実際に使っていた感想を述べてみたいと思います。

結果から言うとMCK70Sは非常にコスパの良い商品です。

私が空気清浄機を購入したのは、子供が乾いたような咳をするようになったことです。
空気自体は目に見えませんので、部屋の中にどのようなものがあるのかがわかりません。

空気清浄機を使っても目に見えるものではありませんので、効果というのが非常に見えにくいものだと思います。

でも、この商品を購入して本当に変わったことがあります。

  • 喉の痛みがなくなり咳が出なくなった
  • 飲みすぎた朝も部屋の中が全く臭くない

喉の痛みに関しては季節や体調にも関係してくるので一概に大きく変わったということはできませんが、飲みすぎた次の日の朝に臭いが部屋の中に充満していないというのは非常に驚きました。

これによって私がどれだけ飲んで帰ってきても妻がお酒の量を把握することができなくなりました。
消臭力が非常にすぐれていることは本当に間違いないと思います。
使ってこんなに感動したのは結構久しぶりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイキンのMCK70S-Wを選んだ理由

空気清浄機を購入しようと思ってスペック等をかなり念密に調べ上げました。
ここでは私がダイキンのMCK70S-Wを選んだ理由をあげていきます。

加湿器機能も欲しかった

実は加湿器を持っていないので加湿器が一緒になっているものが欲しかったのです。
加湿器も一緒になっていることで、加湿器を新たに購入しなくて済みますので、お金、場所ともにメリットがあります。

風量が強い

風雨量が非常い強いので空気の循環が早いということが言えます。
これによって部屋全体の空気をきれいにする時間も短くなります。

最大風量は7.0㎥/分なので同ランクのシャープやパナソニックの製品と比べても1番強いという特徴があります。

スペックでは31畳まで対応可能となっていますが、実際はこの半分以下じゃないと効果がかなり弱くなるとのことです。

つまり風量は絶対的に強い方が良いのです。

空気洗浄機能がすごい

微細なホコリをキャッチする、高性能フィルター(静電HEPAフィルター)を採用しています。
0.3μmの極小な粒子を99.97%除去できるフィルターを搭載しているので、ほこりに関しては心配いりません。

電気集塵方式を採用してるので目詰まりしにくい構造になっています。
10年経ってもパワフルに集塵してくれるとのこと。

そして、とどめはストリーマーです。
集塵フィルターに捕獲した浮遊物質の付着有害ガスをストリーマが酸化分解してくれるので空気清浄の機能は心配いらないでしょう。

3つの段階を踏んでしっかりと清浄してくれる空気洗浄機です。

脱臭持続能力がすごい

脱臭機能に関しては想像をはるかに上回りました。
先ほども書きましたが、お酒を大量に飲んできても次の日の朝、部屋に臭いが残っていないのです。

優秀すぎてびっくりします。
これだけでも購入して良かったと思います。

ダイキンの空気清浄機は臭いをフィルターに付着させて、分解して再生するという流れになりますので脱臭機能の持続力が非常に強いとのことです。

臭いや空気清浄の機能に関しては目に見えにくいものですので、いくら熱く語っても伝わらないのが悲しいところです。

コスパが非常に良い

コスパが非常に良いというのも購入に至った決め手の一つです。
2015年モデルということもあり、年度で言うと1年前のモデルになりますが、2016年モデルと比べるとそこまで機能的に変化はありません。

変化が見られるのは「お任せ機能」があるかないかの違いです。
自動で部屋の空気を感知して運転してくれる機能が付いているのが2016年タイプですので、そこに大きな価値を見出す人以外は2015年モデルが良いと思います。

機能的に大きな変化が見られないのに値段に関しては約1万円以上の差がありますので購入するのであれば2015年モデルを購入する方がコスパが良いと言えます。

私は2015年タイプを購入しました。

実際に使ってみた感想

それでは実際に2ヶ月間使ってみ感想を述べてみたいと思います。

  • 子供が乾いた咳をしなくなったこと
  • 飲んだ次の日の朝の臭いがなくなったこと

これが私の中で最大のメリットであり、感動したポイントですが、それ以外にも使ってみた感想を数個あげてみたいと思います。

タンクの交換が楽

DSC_0074

タンクの交換はこんな感じでパカッと外して水を入れるだけです。
はめる時もパカッと。

非常に楽です。

面倒くさがり屋の私でも交換することに面倒くささを感じません。
使い続ける上で、面倒くさくないということは非常に大切なんだと思います。

タンクの清掃も1ヶ月に1回程度行えば良いとこのことなので、気づいた時に掃除するようにしています。
タンクのお手入れも手がすっぽり入るようになっていますので楽々です。

ただ手が非常に大きい人だとタンクの中に手が入らないかもしれません。

音が静か

音は非常に静かです。
つけっぱなしで寝ても全く違和感がありません。

ただ、たまに非常に大きく空気を吐き出す時がありますので、気になるのはそのパワーを出している時くらいです。
長くても2,3分のことですので気にするほどではありません。

通常運転中は本当に静かです。

私はいつもつけっぱなしで寝ています。

結局2台購入してしまった

DSC_0066 1

寝室用に購入した空気清浄機でしたが、あまりにも性能がよすぎてリビング用にもう一台購入しました。

同じものを2台購入するってどうなの?って思う方もいると思いますが、あまりにもコスパが良いので私の中では間違っていない選択だったと思います。

もちろんこの空気清浄機よりも性能が良いものはありますが、コスパが最高に良いということで2台目の購入に踏み切りました。

目に見えにくいものだけあって効果がすごいというのはかなり驚きでした。

空気清浄能力と脱臭能力はかなり優れいていると思います。

飲んで帰った次の朝に酒の臭いが残らないってかなりすごくないですか?
これには本当に驚きでした。
一家に一台と言わず各部屋一台くらい欲しいレベルです。

長くつづいた子供の乾いたような咳もなくなり、私自身も乾燥で喉がやられるということは無くなりました。
本当に早く購入しておけばと後悔しているくらいです。

これから空気清浄機を購入しようと思っている方はダイキンのMCK70Sはかなりオススメです。
2016年モデルもありますが、スペックはさほど変わらずに値段がかなり変わってきますので最新モデルにこだわらないという方は2015年モデルのMCK70Sが良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする