【オシャレ】アコースティック・フォーク系のおすすめ邦楽アルバム・アーティスト10選

現代の邦楽フォークソングををご紹介していきたいと思います。歌のうまさは考慮していないのでご了承ください。アコギ好きなら是非とも聴いてもらいたいアルバムとともにアーティストをご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私がオススメするアコースティックベースのオススメ楽曲はこれだ!

Rickie-Gの一枚です。ジャンルで言うとレゲイということになりますが、アコースティック感が満載です。
歌、演奏、リフともに最高の出来です。レゲイならではのリフとハーモニーがベストマッチしています。
とにかくサウンドが温かいです。癒されること間違いなしです。レゲイと言われるだけで、拒否反応を起こしている人に聴いていもらいたいです。

歌詞もストレートですんなり耳に入ってきますし、なにより音色が素晴らしい。
ジャパニーズレゲイを想像しているのなら大間違いです。ごちゃごちゃしてなく、とてもシンプルにアコースティックが聴こえてきます。とにかくオススメな一枚です。

かなり有名なゆずのデビューアルバムです。アコギ好きなら聴いたことがある一枚かもしれません。
この時のゆずは、路上からデビューしたてでしたので、路上感が強いため、他の音がほとんど入っていません。
アコースティック好きなら必ず聴いておくべき一枚です

「連呼」「地下街」などの名曲も収録されており、ゆずファン以外の人にも満足してもらえることでしょう。
ギターのテクニック的なことは気にせず、ギターと歌というシンプルな構成を楽しむことが出来ます。
荒削りな楽曲ですが、そのまま路上での演奏を収録したかのような仕上がりです。

ゆずの原点を知りたい人や、弾き語りをしたい人は必ず聴いて勉強しましょう。それくらい素晴らしいアルバムであることは間違いありません。

ソッフェの一枚です。
このアルバムは捨て曲なしの最高の出来です。とにかく曲が素晴らしいです。ドライブにもってこいのアルバムです。ジャンルはヒップホップのようですが、ポップです。今時ののはやりのような感じの楽曲ですが、バックもしっかりしており、ハモリも絶妙で、文句をつけることができません。

ギターのコード進行も、なるほどなーと思う部分もあり、ギターの素人から玄人まで楽しめるアルバムです。
とにかく元気がいい曲が多いので、ドライブでも盛り上がること間違いなし。

KGMのファーストアルバムです。
KGMもレゲイアーティストですが、主にアコースティックギターをベースにし、引き語りライブを行っているシンガーです。歌もギターもレベルが高く、なおかつ独特なメロディーを作り出します。ギターでの表現のしかたを本当によく勉強しているなと感じます。
ミュートにしろ、はじくにしろ、強弱をもって使いこなします。アルバムではコールクラークの音が全体に響き渡り温かくリズミカルな世界を味合わせてくれます。

Rickie-Gとは、またちょっと違った雰囲気ですので是非とも聴いてみることをオススメします。
うるさいジャパニーズレゲイではありませんのでご安心ください。

星野源の一枚です。
とにかくシンプルで温かいというイメージを抱くのではないでしょうか。歌詞もストレートなのですが、なかなか人が目にしない幸せを表現するのがとてもうまいです。それ故、温かみを感じるのではないでしょうか。

演奏もアコースティック中心でシンプルな構成です。少し鼻にかかった声とアコースティックギターが本当にマッチしており、深みにはまってしまいます。必ず聴き入ってしまうこと間違いなし。

大橋トリオの一枚です。
ジャズ感満載の素晴らしいアルバムです。とにかくオシャレと言うのが正解なのでしょう。軽い声がオシャレな雰囲気を倍増させてくれます。曲の細部までこだわりぬいて出来上がった出来は本当に素晴らしいです。
急な変調も勢いを増すためのアクセルとなり、独特な雰囲気を出す結果となっています。

オシャレなアコーステックソングを聴きたいのならば大橋トリオできまりです。聴いておいて損はありません。
音楽のことを少しでも勉強しようと思っているのであれば必ず聴いてください。

ケイタクのメジャーデビューアルバムです。
二人組みでアコギをかき鳴らすため、見た目はゆずと同じですが、楽曲のスタイルは全く違います。
とにかくこの二人はギターがうまく、アコギ感を本当に大切にしています。どのアルバムを聴いてもアコギがメインです。

ただ単に二人でかき鳴らしてハモリながら歌うというスタイルではなく、二つのアコースティックギターでどこまで音楽を表現できるかというところに重きを置いています。
二人組みでここまで音楽を表現できるアーティストは本当に貴重です。

単純なコードだけではなくジャズやブルースをも取り入れたアコギ音楽は聴いていて鳥肌がたちます。
伸びやかな声と超絶テクニックを要する二人が放つ音楽に聴き入ること間違いなし。
朝から夜までどんな場面にでもかけていたい曲が詰まっています。古臭さの中にオシャレを感じるアーティストです。

ハナレグミの一枚です。
温かい。これがハナレグミがもつ持ち味の全てだと言えます。
単純なコード進行から放たれる心温まる楽曲は、和製ニールヤングとも言ってもよいのではないでしょうか。
流してもじっくり聴いても温かい。そんな雰囲気を味わうことができます。独特な声と見た目もそんな雰囲気にさせてくれる要素なのかもしれません。とにかく聴くことをオススメします。

和製ジャックジョンソン的な存在です。
サーフ系ミミュージックが流行る前からサーフ系ミュージックを演奏していたCurly Giraffe。心地よいリズムとアコギが相性抜群です。
歌詞が英語というのもあり、海外の雰囲気もかもし出しています。サーフミュージックをお探しなら必ず手に取りたい一枚です。

キャラバンの一枚です。
とにかく曲がいい!
独特な声とリズムが体に自然と入ってきます。真夏のドライブに是非ともかけたいアルバムです。
YUKIがカバーしているWagonも収録されており、アルバムとしても完成度は最高のものとなっています。

太い声がギターとマッチして癒しを与えるとともに、自然と横揺れとなる音楽は彼自身の特徴でしょう。
サーフミュージックの要素もあり、いろいろなジャンルの音楽を取り込んでいるため、幅広く音楽を楽しむことができます。是非、聴いてもらいたい一枚です。

あとがき

いかがでしたでしょうか。
有名なアーティストからマイナーなアーティストまでご紹介させて頂きました。

各アーティスト一枚ずつの紹介でしたが、どのアーティストもアコギメインですので、どのアルバムを聞いても良いと思いますが、ご紹介させていただいたアルバムは私が一番オススメするアルバムになります。
この中で聴いたことがないアーティストがいたらまずyou tubeで見るなりして確かめてみたらどうでしょうか。
今後もいろいろなジャンルのアルバムをご紹介していこうと思っていますので、よろしくお願いします。

関連 【おすすめ】聴かずに死ねるか!洋楽ロック名盤ランキング100

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする