グリザルパーティのテンプレとサブとしての使い道を徹底解説!

グリザル
グリザルの登場によって悪魔タイプ、攻撃タイプのテンプレが大きく動く可能性がありますね。
かなり大きな可能性を秘めていそうなモンスターになります。
実際に使い道はあるのかどうか、それでは考察に行ってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グリザルのステータス

HP 3047
攻撃 2013
回復 201

スキル:光ドロップを闇ドロップに変化。自分以外の味方のスキルが1ターン溜まる。

リーダースキル:悪魔タイプの攻撃力が3倍、回復力が1.5倍。

ステータスを見てもかなり強いですね。
攻撃は2000越え、HPは3000越えとステータスだけ見れば呂布を越えています。
攻撃力は呂布の方が上ですが、回復力が200ということで呂布よりもステータスは上と言うことができるでしょう。

スキルはカオスドラゴンナイトとほぼ同じですが、スキルマが7ターンということもあり、その分味方のスキルが1ターン溜まるようになっています。

リーダースキルは悪魔タイプの攻撃力が3倍、回復力が1.5倍というこで呂布と似ていますね。

これだけ見てもかなり強力なモンスターということができます。
無課金で手に入るということもあり、今後かなり人気の出てくるであろうモンスターです。

グリザルパーティのテンプレ

Lグリザル Sパンドラ 半蔵 ハク 呂布 Fグリザル

かなり強いです。
列強化は11個ありますので攻撃に関しては何もいうことはありません。
回復もリーダースキルが補ってくれていますので心配する必要はありません。

ハク→半蔵→呂布でかなりの火力が出せますので一撃で倒せないボスはいないでしょう。
根性系のボスに関してはパンドラやグリザルで削っていくという戦い方で安定してきます。

しかし、もちろんデメリットもあります。
バインド耐性がリーダーであるグリザルにないことです。
呂布はバインド耐性がありますので、サブがバインドされてもリーダーである呂布だけで押し切ることも可能でしたが、グリザルの場合はリーダーがバインドにかかってしまいますのでサブで補強しなくてはなりません。

バインド対策が必要な場合は、アーミルを入れることも考えなくてはなりません。

さらにスキル封印耐性が3つしかありませんので少し心細いです。
60%ではじきますが、100%はじきたい場合はチェスターの投入も考えましょう。
チェスターも悪魔タイプですので倍率はかかりますし、毒ドロップやお邪魔ドロップ対策にもなります。

呂布と組むことが可能?

呂布と組むことでHP増加になりますし、サブ枠が1つ空きますので可能と言えば可能です。
呂布パに比べてHPは下がりますが、回復力が大幅に上がります。

しかし、呂布パの良さはリーダーがバインドにかからず、高HPであり、なおかつ2回大ダメージを与えることができると言うことです。
この良さが半減してしまうことは事実です。
ダンジョンによっては有りですね。
グリザルをフレにするよりは強いです。

実際にリーダーとしては呂布のほうが上手になります。

ベルゼブブと組むことは可能?

ベルゼブブと組むことで本当の強さを発揮します。
赤ソニアとベルゼブブは非常に相性がいいですが、こちらも似たような感じになります。
回復力が赤ソニアの時より落ちますが、その分攻撃力が上がります。
高HPを保ちつつ、常時7.5倍の攻撃力を出すことができますのでなかなかの強さになります。

サブとしての使い道

サブとしての使い道ですが、悪魔パの呂布パ、闇パのパンドラパ、攻撃・神パの闇メタパに入る余地は今のところありません。
もうすでにテンプレが確定しており、今更必要性はありません。
カオスドラゴンナイトの上位変換ということで、もともとカオスドラゴンナイトがテンプレに入ることはほとんどありませんでした。
列強化を2つ持っており、2000越えの攻撃力という面では入る可能性もないことはありませんが、厳しいというのが現状です。

リーダーとして以外はサブが揃っていない時にサブとして入るというくらいで積極的にテンプレに食い込んでくるモンスターではありません。

しかし、無課金で手に入るモンスターとしてはかなり強力ですので、ゲットしたのであればスキル上げをしてリーダーとして運用していくほうがよさそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする