【iPhone】AppleCareは必要ない!?未加入の場合と料金比較してみた

IMG_2203

iPhoneを購入すると「AppleCareに加入されますか?」って絶対に聞かれます。
店員さんは「入っていた方が安心ですね〜」なんて言いますがどうなんでしょうか。

そもそも1年間は自分のせいでない故障は保証が効きますし、2年に延長する必要があるのかという疑問も出てきます。

それでは料金で比較しながら見ていくことにしましょう。

*料金は全て税抜で計算してます。

photo credit: iPhone AppleCare Support via photopin (license)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AppleCareとは

料金
・iPhone6以前の機種は12,800円
・iPhone6sとiPhone6s Plusは14,800円

サポート内容(2年間)

・電話でのサポートが受けられる(通常は90日間)
・エクスプレス交換サービスが無料になる(通常は3,300円)
・故障した際の修理代が安くなる(下の表で確認)
・過失や事故によらない損傷に対する修理などのサービスが2年間に延長(通常は1年間)
・バッテリー交換が無料になる(通常は9,400円)
・イヤフォン交換が無料になる(通常は3,500円)
 

入会するためには
AppleCare入会はiPhoneの購入日から30日以内でなければなりません

AppleCareに入るとこのような特権を受けることができます。
修理以外は特に必要なさそうなサービスですね。

どのサービスを受けるにしても2年間のみということです。

電話でのサポートが受けられる

基本的な設定、インストール、組み立て、接続に関するサポートを電話で受けられます。
1回の電話でほとんどの問題を解決できます。

Appleホームページより

電話で基本的な設定等や修正に関して電話でサポートを受けることができます。

私はiPhone3gsから使用していますが今まで一度も電話したことはありません。
ググれば問題無いのでわざわざ電話するに至ったことは無いです。

エクスプレス交換サービスが無料になる

iPhoneの何かしらの修理を行う際はAppleにiPhoneを送らならければなりません。

通常:まずiPhone送る→Appleから代替機が送られてくる
エクスプレス交換サービス:Appleから代替機が届く→その際にiPhoneを渡す

つまりエクスプレス交換サービスを使うとAppleに修理を頼んだ際もiPhoneが使えなくなる期間がなくなるということです。
エクスプレス交換サービスは通常は3,300円の料金がかかります。

これが無料になりますのでこのサービスはお得ということができます。

故障した際の修理代が安くなる

故障した際の修理代が安くなります。
もちろんAppleCareに加入していなくても修理自体は行ってくれます。
この修理代に差が出てきますので加入を考えている人はしっかりと比較をしていく必要があります。

故障は大きく分けて画面が割れた場合水没した場合に分けることができます。
この二つでは修理料金が違ってきますので注意が必要です。

画面が割れた場合

加入 未加入
iPhone6s Plus ¥11,800 ¥16,800
iPhone6s ¥11,800 ¥14,800
iPhone6 Plus ¥7,800 ¥14,800
iPhone6 ¥7,800 ¥12,800

画面が割れることが一番多いと思います。

iPhone6s Plus

2年間で1回画面を割った場合

加入:14,800円(AppleCare)+11,800円(画面修理代)=26,600円
未加入:16,800円(画面修理代)+3,300円(エクスプレス交換サービス)=20,100円

差額は6,500円になり未加入のほうがお得です。

2年間で2回画面を割った場合

加入:26,600円(1回割った時の料金)+11,800円=38,400円
未加入:20,100円(1回割った時の料金)×2=40,200円

差額は1,800円となり加入したほうがお得です。

iPhone6s

2年間で1回画面を割った場合

加入:14,800円(AppleCare)+11,800円(画面修理代)=26,600円
未加入:14,800円(画面修理代)+3,300円(エクスプレス交換サービス)=18,100円

差額は8,500円になり未加入のほうがお得です。

2年間で2回画面を割った場合

加入:26,600円(1回割った時の料金)+11,800円=38,400円
未加入:18,100円(1回割った時の料金)×2=36,200円

差額は2,200円となり未加入のほうがお得です。

iPhone6 Plus

2年間で1回画面を割った場合

加入:14,800円(AppleCare)+7,800円(画面修理代)=22,600円
未加入:14,800円(画面修理代)+3,300円(エクスプレス交換サービス)=18,100円

差額は4,500円になり未加入のほうがお得です。

2年間で2回画面を割った場合

加入:22,600円(1回割った時の料金)+7,800円=30,400円
未加入:18,100円(1回割った時の料金)×2=36,200円

差額は5,800円となり加入したほうがお得です。

iPhone6

2年間で1回画面を割った場合

加入:14,800円(AppleCare)+7,800円(画面修理代)=22,600円
未加入:12,800円(画面修理代)+3,300円(エクスプレス交換サービス)=16,100円

差額は6,500円になり未加入のほうがお得です

2年間で2回画面を割った場合

加入:22,600円(1回割った時の料金)+7,800円=30,400円
未加入:16,100円(1回割った時の料金)×2=32,200円

差額は1,800円となり加入したほうがお得です。

水没させた場合

加入 未加入
iPhone6s Plus ¥11,800 ¥38,800
iPhone6s ¥11,800 ¥34,800
iPhone6 Plus ¥7,800 ¥38,800
iPhone6 ¥7,800 ¥34,800

水没させてしまった場合は完全にAppleCareに加入していた方がお得になります。
加入していなかったら結構な金額になりますね。

どの機種の場合でも1万円以上は安くなります。

エクスプレス交換サービスを兼ねるとなると加入していた方がお得という結果になります。

過失や事故によらない損傷に対する修理などのサービスが2年間に延長

このサービスは自分に過失がない場合の修理が2年間無料になるというものです。
通常は1年のため1年間分サービスを長く使うことができます。

しかし、1年間故障が無ければ過失のない不具合が2年目以降に不具合が出てくる可能性は少ないかと思います。
ちなみに私は一度もありません。

バッテリー交換が無料になる

バッテリーが本来の容量の80%未満しか維持できなくなった時点でバッテリーを無償交換させていただきます。

Appleホームページより

Appleによると充電回数が400回に達すると80%を維持できなくなるようです。
0%から100%まで充電を行った回数が400回ということですので、毎日20%残して充電した場合は5回充電すると計算上では4回というカウントになります。

1年間1日1回の充電では到底達しません。

毎日20%残して充電している場合は500日でバッテリーの交換基準に達するということになります。

あくまで基準ですのでこのシュミレーションと同じ結果にはならないと思います。
目安として考えてください。

iPhoneヘビーユーザーならば交換する可能性は十分にあります。

イヤフォン交換が無料になる

付属のイヤフォンを使っていますか?
付属のイヤフォンも交換が無料になります。

片耳聞こえなくなったり、接続がおかしくなったりとイヤフォン本体があれば交換になる可能性が非常に高いとのことです。

普通に購入したら3,500円しますのでお得といえばお得です。
イヤフォンは普通に壊れますからね。

結論

このサービスをどう捉えるかは個人差があるところだと思います。
水没の危険性や画面を2回以上割ってしまうのであればAppleCareには入った方が良いと言えます。

しかしこればっかりはわかりません。
やっぱり保険でしかないのです。

バッテリーの交換も無料になりますのでiPhoneヘビーユーザーは入っても良いのではと思います。

ちなみに私は入っていません。

過去のiPhone使用時は入っていましたが、結局修理を行ったのは画面のひび割れ1回だけです。

今ではケースやフィルムも耐久性に非常に強いものがありますので保証に入るよりそちらを優先しました。

私も加入していませんので強く入った方が良いとは言えません。
むしろいらないんじゃって思う気持ちの方が強いですね。
普通に使用する分にはいらないと思います。

とにかく上記の料金比較結果と使用頻度で加入するべきかは検討してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする