超快適!iPhoneをBluetooth接続して車で音楽を聴く方法

14766762358_f7143846e9

iPhoneに音楽を保存して、通勤中などの外出の際に音楽を聴いている人はかなり多いと思います。
せっかくiPhoneに音楽が入っているのに車の中で音楽を聴かないなんて非常に勿体ないです。
音楽は聴いているけど有線でiPhoneを接続しているという人はBluetooth接続したらすごい便利だって感じるはずです。
いざという時のために使い方をおさらいしておきましょう。

photo credit: What to do when you’re not driving. via photopin (license)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カーナビとiPhoneを接続するパターン

ナビとBleutooth接続するためにはナビがBluetooth対応でなければなりません。
対応していなければ接続できませんのでご注意ください。

それではまずナビ側から設定をしていきます。

最初にナビの方から電波を飛ばします。

IMG_2664
お使いのナビによって設定方法は異なりますが、電波を飛ばすだけですので設定からBluetoothを選択してください。

IMG_2668

ナビ側で電波を飛ばしたら後はiPhoneで電波を受け入れる作業をしていきます。

IMG_2656
設定からBluetoothをタップします。

IMG_2657
Bluetoothをオンにしたら自分のデバイスというところにナビ側から飛ばした電波があるはずです。

しばらくしたら自動で出てきますので出てきたらタップします。

その後ペアリングをタップすることで接続が完了します。

これで終了です。

接続が完了したらiPhoneで音楽を流します。
そうしたら音楽がカーステレオから流れ始めます。

カーナビを使わないパターン

カーナビがBluetooth非対応の場合は電波でiPhoneとカーナビを接続することはできません。
ナビを使いませんのでトランスミッターが必要になってきます。

こちらのトランスミッターがあればシガーソケットに差し込むだけでBluetooth接続ができるようになります。
iPhoneから出すことができる音は全てスピーカーから流れます。

こちらは友人の車に積んでいましたが、全く問題なく音楽を聴くことができました。
iPhoneと接続してパズドラをしていたら友人に怒られた記憶がありますw

USBポートも付いていますのでiPhoneの充電器としても優秀です。
車に1つあれば急に充電が必要になった際も素早く対応することができます。

iPhoneとの連携は先ほどご紹介した方法で行うことができます。

オススメの活用方法

車で音楽を聴く際にはiPhone自体に音楽データをダウンロードしているか、モバイル通信又はWi-Fiが必要になってきます。
理想はiPhone自体に音楽を入れておくことです。
その分iPhone自体の容量は使いますが、通信を使わないため電波が悪くても音楽が途切れることはありません。
モバイルルーターを持っていればあまり問題はありませんが、持っていない際はやはりデータとしてiPhoneに取り込んでおきましょう。

プライムミュージックを使う

Amazonプライム会員(年間3900円)になれば音楽はダウンロードし放題となります。
もちろん何でもかんでもダウンロードできるわけではありませんが、有名な曲の多くをダウンロードすることができます。

スクリーンショット 2016-03-07 23.23.39

プレイリスト自体をダウンロードすることができますので音楽ベビーユーザーではない人にとってはかなりオススメです。
車の中や通勤中のみ聴くという人にとっては十分すぎるくらいの内容です。
さらにプライムビデオも見放題になりますのでプライム会員はお得感がすごいですね。

Amazonプライム会員は1ヶ月無料キャンペーンをやっていますので試す価値は十分にあります。

 Amazonプライム30日間無料お試しキャンペーンはこちら

YouTubeから曲をダウンロードしておく

YouTubeで音楽をあらかじめダウンロードしておけば車の中でも快適に音楽を聴くことができます。
聴く際も通信量を気にしなくて良いのでとても便利です。
気に入った曲をダウンロードしてドライブを楽しみましょう。

Clipbox
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

このアプリを使うことでYouTubeから音楽を簡単にダウンロードすることができます。
かなり長い期間愛用しているアプリです。

バックグラウンドでも音楽を聴くことができますので本当便利です。

ちなみにニコニコ動画等もダウンロード可能ですのでダウンロードアプリとしては最強かと思います。

通信で聴く

iPhoneの容量がいっぱいで音楽をダウンロードできないという人もいるかと思います。
そんな人も諦めるのはまだ早いです。
あらかじめDrop BoxやGoogle Driveに音楽データを保存しておけば通信することで音楽を聴くことができるアプリがあります。

CloudBeats Pro – ミュージックプレイヤ Dropbox, Google DriveとOnedrive
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: ¥480

私のiPod Classicの調子が悪くなった際に活用していました。
現在でもiPhoneに入れていますので音楽データはいつでもどこでも通信さえできれば呼び出すことが可能です。
このアプリも非常に便利です。

使い方はこちらを参考にしてみてください。

参考 iPhoneの容量が音楽ファイルで足りない?アプリのCloud Beatsで即解決

注意事項

音楽はBluetoothで接続して聴くことができるのはわかったけど、動画は見れないの?
と思う人もいるかもしれません。
上記の方法だと動画は見ることができません。
映像こそ見れませんが、音声だけは聞こえてきます。
音声が聞こえるのでYouTubeやニコニコ動画で音楽をダウンロードする意味があるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
iPhoneをBluetoothで繋いで音楽を聴くとドライブが本当に快適になります。
音楽プレーヤーを持たなくても音楽はいつでもすぐそばにあることになります。

今まで有線で繋いでいた人は無線になるだけで快適さを感じるはずです。
上に書いた条件を満たしている人であればすぐにでも車でiPhoneの音楽を聴くことができますので是非お試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする