せどりは飽和しているの?稼げない?

せどりは飽和しているのか?していないのか?

実際こんな議論をしても意味のないことですが私の意見を述べさせて頂きます。

稼げている人からしたら、飽和なんかありえない。
稼げていない人からしたら、飽和している。

実際こんなところだと思います。

私の考えは飽和はしないと思いますし、していません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飽和していると思わせる現状

確かにamazonマーケットを除いてみると、1つの商品に100人以上の出品者がいることも珍しくありませんね。中には個人だけでなく業者も混じっています。
こんな状況で実際稼げるの?と思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です!稼げます。

実際せどりがブームになり、出品者が増えたのがそう思わせる現象です。
これは売れないでしょ?
と思うような値段で出品している人もいますので数だけで見たらいけません。

良い例としてアメリカのamazonのサイトを見てみてください。
日本の商品を検索すると無在庫販売を行っている人ばかりです。

amazonにしっかり納品して販売している出品者はまだまだ少ないです。

日本のamazonでも同じことが言えます。
もし、FBAを行っているのであればすぐに分かることですが、自己発送の出品者が圧倒的に多いことが分かります。
FBAを行っているのであれば自己発送の出品者は無視しても大丈夫です。
はっきり言ってライバルというのとは違います。
FBA出品者のライバルはFBA出品者です。

ここまでばっさりと言い切ってしまってますが、ネットで物販をする上で大切なのは価格、信頼感、スピードです。この点でFBAは価格以外は優れています。もちろん価格も落とすことは可能ですが、落とさなくても普通に売れます。amazonという信頼感は本当にすごいですね。

FBAじゃないと厳しい

確かにFBAじゃないと厳しいです。
自己発送でも売れることは売れますが、FBAには勝てません。
FBAにしたからといって格段に売れるようになるとは限りませんが、FBAにしない理由はありません。

自己発送を行っている人からしたら飽和感を感じているのかもしれません。

FBAを行って3ヶ月でトータル利益を5万円を出せないようでしたらせどりはやめたほうがいいかもしれません。
どんなに遅くても

1ヶ月目準備期間

2ヶ月目販売に慣れる

3ヶ月目仕入れを増やす

この流れです。

なかなか独学では厳しいと思う方はせどりに関する本を一冊買ってください。実際なんでもいいです。できれば初心者向けの本にしましょう。
モチベーションを上げるためと、仕入れの仕方を少しでも学んでください。

この記事を読んでいるといことは、これから始めようとする人か初心者の方、そして思い通りに稼げていない人なんじゃないかと思います。

私も仕入れ方については他の記事でも書いていますので是非参考にしてみてください。

【電脳せどり】初心者がヤフオクで仕入れるべき商品ジャンル

【電脳せどり】メルカリ仕入れのメリット・デメリット

【電脳せどり】安定して売れる商品はゲーム機本体だ!仕入れた商品公開

まとめ

今回はせどりは飽和しているのか?稼げないのか?というテーマについて記事を書いていますので仕入れ方についてはほとんど書いていません。
仕入れ方についてはまとめた記事を作成中ですので、出来次第アップしたいと思います。
今ではネットでほとんどの情報は入手できますのでいろいろなサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。自ら調べるという癖は必ずつけておいたほうがいいと思います。
情報が乱立していますので、見極めには時間がかかるかもしれませんが、自分が信頼できると思ったサイトを徹底的に読み漁ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする