【セキュリティ対策】LINEのトーク履歴の流出を防ぐためにやっておくべき設定

15226344703_b4caff79dc

芸能人のLINEトーク履歴流出しているということで、 LINE自体のセキュリティに不安を感じている人も多いかと思います。
流出を防ぐ一番の策はLINEを使わないということなのでしょうが、使用している人が多すぎてLINEを使わないということの方がデメリットが多いような気がします。
完全に流出を防ぎたいというのであれば使わないことが一番なんですけどね。

実際にLINEを使わないということ自体が不可能という人も多いでしょう。
今回は流出を防ぐために最低限やっておかなければならない設定方法をご紹介します。

photo credit: Sind Ihre Daten sicher? via photopin (license)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

やっておくべきこと

LINEを使う上で最低限やっておかなければならない設定がありますので順番にご紹介します。
基本的に流出の危険性は極めて低いのですが、しっかり設定しておけば安心して使うことができます。
LINEを多用している人は必ず設定しておきましょう。

パスコードロックする

パスコードは必ずロックしましょう。
パスコードをロックすることでスマホをなくしてしまった際もパスコードを解析されない限りトーク履歴を見られる心配はありません。
設定方法は簡単なので必ず設定しましょう。

IMG_1867

まずアプリを開いて、右下のその他をタップします。
その後、設定をタップしてください。

IMG_1866

次にプライバシー管理をタップします。

IMG_1868

続いてパスコードロックをオンにします。
すると4桁のパスワードが求められますのでパスワードを設定します。
LINEを多用する人にとっては、アプリを開く際にいちいちパスワードを入力しなければならないことに対して面倒くさいと思うかもしませんが、セキュリティ上は設定していたほうが良いです。
iPhoneユーザーの方はTouch IDを使用することもできますので、非常に便利になりました。
設定しているのとしていないのではワンタップの差になりますので、さほど不自由さは感じないでしょう。

PCやiPadでのログインを許可しない

これは本当に大事です。
ログインを許可していると他端末で見られてしまう可能性がありますので、必ず許可はしないようにしましょう。

IMG_1866 (1)

先程と同じように設定を開きアカウントをタップします。

IMG_1872

ログイン許可を必ずオフにしておきましょう。
こうすることでPCやiPadからのログインを防ぐことができます。

ちなみにログインされてしまった際にはメッセージがLINEに自動的にきますので確認することができます。

IMG_1869

このようなメッセージがLINEからきますのでもし通知が来たらすぐにログアウトするようにしてください。
もしメッセージが来てもすぐにログアウトすれば、見られることを防ぐことができます。

IMG_1873

実際に手元にスマホがある状態でのQRコードでログインしようとしてもログインはできないようになっていますのでセキュリティ対策としては効果を発揮します。

PINコードを設定する

PINコードを再設定することをおすすめします。

IMG_1866 (2)

他端末でログインしようと思ったらメールアドレス、パスワード、PINコードを聞かれます。
PINコードを設定した覚えがないという人は初期設定では電話番号の下4桁になっていますので身近な人に対しては何の意味もありません。
必ず再設定を行うようにしてセキュリティを高めていきましょう。

バックアップを取らない

iPhoneでバックアップをとろうとした際はiTunesを利用すると思います。
私も実際にバックアップをとり新機種へ復元作業を行いましたが、トーク履歴も全て綺麗に新機種へ復元させることに成功しました。

関連 iPhoneからiTunesへバックアップ→新機種へ復元までの方法

しかしこれが、流出の危険性を秘めてます。
非常に便利で感動するほど綺麗に復元できるのですが、iTunesにバックアップを行うとデータがiTunesに保存されますので簡単に他の機種にもデータを移すことができてしまうのです。

itunes5

これです。
たとえLINE自体のセキュリティを高めても違うiPhoneに本人名義のiPhoneが誕生してしまえばセキュリティも何もあったもんじゃありません。
ちなみに違うiPhoneにデータを復元させてしまえば、通知も両方にきます。
本人としてトークを見ることができるだけでなく、返信までできてしまいます。

ベッキーの流出に関してもスクショが流出しているため、この方法で他iPhoneからスクショを取られたのではないかと私は予想しています。

この方法が一番に怪しまれずに他人のトーク履歴を見ることができる方法です。
浮気がバレる可能性が高いのもこの方法じゃないでしょうか。

iTunesにバックアップは取らないというのが流出を防ぐためにも最善な方法なわけです。

アップデートは必ず行う

アップデートは必ず行うようにしましょう。
面倒くさがって行っていない人も多いでしょうが、アップデートは脆弱性を改善するために行われることが多いです。
iPhoneのiOSのアップデートはPCかWi-Fi環境でしかできませんし、時間もかかります。
バグが見つかる可能性もあるのでしばらく様子を見る人もいます。
LINEも頻繁にアップデートが行われています。

iOS、LINEの両方共にアップデートは脆弱性を克服してくれることもありますので、アップデートは必ず行いましょう。
知らぬ間にウィルスが入り込んで…という事態にならないように気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
意外と知らないこともあったのではないかと思います。
これをきっかけに再設定を行ってみてはどうでしょう。
普通に使用していれば、LINEトーク履歴が流出することはないと思いますが、しっかりとセキュリティ対策をすることによって安心してLINEを使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると励みになります。

フォローする