コーヒー

完全無欠コーヒーをやめて朝ごはん(白米)を食べる生活に切り替えました

更新日:

完全無欠コーヒーを朝に飲むのをやめました。
やめたと言っても一時的なものになると思います。

完全無欠コーヒーを飲み始めてからというもの体重は64キロから60キロまで落ちました。
60キロを切ることもありましたので、すごい効果だなと思います。

激やせすると噂の完全無欠コーヒーの作り方と効果とは?!

完全無欠コーヒーを飲み始めてから2週間が経過していました。 結論から言うと体重は落ちました。 64kg→60.5kgとなりました。 この2週間は毎日欠かさずに完全無欠コーヒーを飲み続けました。 1日も ...

続きを見る

もちろん、完全無欠コーヒーだけではなく、ランニング、筋トレ、低炭水化物の生活を行っていましたで全てがうまく噛み合って体重が落ちたということが言えます。

しかし、完全無欠コーヒーを飲み始めてから最初の2週間で一気に60キロ近くまで落ちましたので、完全無欠コーヒーの影響はかなり大きなものということができます。

それなら完全無欠コーヒーやめる必要あるの?って感じもしますが、今回は一時的に完全無欠コーヒーを立ってみようと思います。

完全無欠コーヒーをやめる理由

基本的に僕が完全無欠コーヒーを飲むのは朝です。
朝食の代わりに完全無欠コーヒーを飲んでいました。

お昼までお腹が空くことなく、頭の中もぼーっとすることのない状態で午前中を過ごすことができていました。

僕にとって朝食代わりに完全無欠コーヒーを飲むことは、メリットが非常に大きいのも事実です。
メリットがあるだけでなく、飲んでいて美味しいですからね。

そんなメリットがありながら、今回僕が完全無欠コーヒーをやめた理由が、朝に筋トレを行うようになったからです。

糖質が摂れない

完全無欠コーヒーはバターとMCTオイルとコーヒーだけなのでタンパク質と糖質が非常に少ないです。

今までは完全無欠コーヒーにプロテインを飲んでいましたが、変更して朝ごはんとプロテインという形に変えました。

筋トレしてプロテインを飲んで、1時間くらい開けて朝ごはんを食べるといった感じです。

本来ならば筋トレする前に朝ごはんを食べて糖質を補給した後に筋トレを行うのが良いのでしょうが、朝一発目からご飯を食べる気力もありませんので、筋トレ後に食してします。

要するに完全無欠コーヒーだけだと糖質がプロテインのみしか摂取できませんので、朝ごはんを食べることにしたのです。

糖質を摂取する目的は以下の2点。

  • 糖質がないと最大まで筋肉を追い込むことができない
  • インスリンはタンパク質を効率的に筋肉に送り込んでくれる

つまり、筋トレには糖質は欠かせないのが実情。
維持が目的で脂肪だけ落としたいという場合には糖質制限しながらでも良いのかなと思いますが、どうせ筋トレするなら筋肥大も視野に入れていきましょうっていうね。

でも安心してください。

筋トレして、炭水化物摂って、プロテイン飲んでもね・・・

筋肉はそう簡単にでかくならん。

意外に体重は変わらない

今回完全無欠コーヒーをやめたことで変化したのは朝ご飯だけではありません。
実は夜も白米をしっかりと食べるようになりました。
朝に筋トレするので糖質を夜のうちに摂り込んでおこうという考えのもとです。

それまではゆるい糖質制限をしていましたが、この1週間で完全に崩壊しています。

しかし、炭水化物を朝、夜共に摂取するという生活を1週間ほど続けてみましたが、体重はほとんど変わらない。

糖質量は明らかに増えていますが、摂取カロリーはあまり変わらないのが現状です。
バターコーヒーって1杯約500カロリーくらいありますから、思っているよりも多くのカロリーを摂取していたことになります。

ちなみに朝ごはんには白米1膳、納豆1パック、目玉焼き1個となり全部で約400カロリーとなりますので、バターコーヒーよりはカロリー少なめです。

脂肪量を減らして糖質量を増やしたけど、体重は変わらない。
結局は摂取カロリーって話なんでしょうね。

糖質摂っても、摂取カロリー量が増えなければ体重は増えないという結果に落ち着きそうです。

完全無欠コーヒーをやめて感じたこと

完全無欠コーヒーをやめて感じたことが一つあります。

明らかにお腹が空きます。
今までは朝に完全無欠コーヒーを飲むことでお昼までお腹が空くことなく過ごすことができていましたが、今ではお昼前にお腹が空きます。

ご飯を食べた方がお腹がすくというよりは、炭水化物よりも脂肪の方が腹持ちが良いのではないかと感じでいます。

また完全無欠コーヒーを朝飲むことで頭が冴えていた感じがありましたが、これもあまり変わりません。
確かに完全無欠コーヒーを飲むようになって頭が冴えわたるという感覚でしたが、朝ごはんを食べるようになっても感覚は同じです。

多分、朝早く起きて筋トレしているというのがこのような効果をもたらしているのではないかと思います。
朝早く起きて運動しているから体調は最高になるはずだというプラセボ効果なのか、実際に良くなっているのかは不明ですが、朝早く起きた方が1日のパフォーマンスも上がり気分も晴れるのは確かです。

終わりに

完全無欠コーヒーをやめてみても特に飲んでいた時と変化はありませんでした。
体重の変化もほとんどなく、頭の冴え具合も変化することはありませんでした。

体重の増減に関しては、摂取カロリーと消費カロリーで話がついてしまうというのではと。
糖質制限がダイエットに効果的と言われているのも、実際に摂取カロリーが減っているからではなかろうかと。

しばらくは、しっかりと炭水化物を食べるという食生活を行ってみようと思います。

-コーヒー

Copyright© そんなこんなスタジオ , 2019 All Rights Reserved.